家庭裁判所の調停で決まる離婚慰謝料の相場について

家庭裁判所の調停で決まる離婚慰謝料の相場について

離婚の際に支払われる慰謝料について、夫婦間の話し合いで金額が決定しない場合は家庭裁判所の調停という場に交渉が移行します。この調停は家庭裁判所の調停委員が夫婦双方の言い分を聞き、事実関係を調査したうえで慰謝料の金額が決定されます。さまざまな算定要素が絡んではきますが、相場を大きく外した金額となることはないでしょう。

 

一般的な収入のある夫婦が離婚をする場合、慰謝料の相場は100万円から300万円程度に落ち着くことが多いです。比較的裕福な熟年カップルで、婚姻期間の長さを加味した上で500万円以上の慰謝料になる場合もありますが、そこまで高額になるケースはかなりレアといえるでしょう。

 

逆に若く婚姻期間が短いカップルの場合、相場は100万円以下になるでしょう。例え不倫など重大な有責行為が原因である場合でも、数百万円の慰謝料を請求することはまず不可能です。

 

最近は、精神的苦痛の度合いも慰謝料の金額に大きな影響を与えるようです。相手の不倫によってうつ病にかかってしまった場合、仕事などに影響を与えてしまった場合には慰謝料の金額がやや大きくなりますね。

 

裁判所の調停委員も人間である以上、しっかり事実関係を調査はしながらも100パーセント公平な決定を下せるわけではありません。離婚に関係する事実関係の調査に際しては心証を悪くすることのないよう、正直に誠実に対応することが必要です。また、相手の有責行為や自分の家庭への協力について何らかの証拠があるとたいへん有利になりますよ。

関連ページ

別居でも慰謝料はとれる?
何がきっかけで別居に至るのでしょう? 性格の不一致、夫の暴力、家族の問題、浮気など様々な理由があると思います。
性格の不一致で離婚慰謝料を払った裁判例
離婚慰謝料がもらえる大きなカテゴリーが2つあります。
慰謝料は夫の年収できまる?
夫の不貞によって離婚するとき、多くの場合は金銭的な請求が発生します。
破産した人から慰謝料はもらえる?
不貞が理由で離婚をする場合、慰謝料の取り決めはとても大事です。
離婚。何の理由で慰謝料請求される
最近では、3人に1人が離婚をしているといいます。
離婚して高額慰謝料をどう払うか
自らの不貞行為での離婚、その場合は慰謝料を払うことになります。
離婚で財産分与、慰謝料ははらうべきか
離婚をすることが決まる前にどこに注意をはらうべきかポイントになってきます。
離婚届を出したあとに慰謝料請求できますか
とにかく早く離婚届を出したかった・・・。
離婚慰藉料は訴訟なしでできる?
離婚することになり、慰藉料を請求しようと思う場合離婚慰藉料は訴訟なしでできるのでしょうか? 離婚をするときに、慰藉料を請求する場合は相手の暴力による障害による慰藉料、もしくは相手の不貞行為による慰藉料が主な理由です。
離婚慰謝料で全財産取れるか
離婚、その決断は苦しく辛いものだと思います。
離婚慰謝料の養育費が調停で決まらない場合
結婚する時より、離婚する時の方が何倍も労力を使うといいます。
離婚慰謝料請求されたら
苦渋の決断だけれど離婚することになり、そんなある日、元奥様から離婚慰謝料が請求されたら・・・どうしますか? 離婚慰謝料とは、有責者が払う損害賠償金です。
離婚裁判、自己破産をして慰謝料を払わない
離婚裁判しても自己破産をして慰謝料を払わないというケースがあります。
離婚調停だが慰謝料を払ってもらえない?
離婚する時も、出来れば円満に離婚したいものですよね。
離婚調停で慰謝料もらうには
離婚慰謝料もらうには、するべき事がいくつかあります。
借金のある人からでも慰謝料をもらいたい
離婚相手に借金があり、収入もないため慰謝料が払ってもらえない。
借金のある人から慰謝料を取れるのか
離婚を決意し、相手に慰謝料を請求しようと思うが相手に借金があった場合や、借金があることが発覚した場合、慰謝料はもらえるのでしょうか。
妻から慰謝料を取るには
慰謝料という言葉を耳にすると、夫から妻に支払うものだと思いがちですが、 婚姻期間中、妻が夫に何らかの苦痛を強いていた時はもちろん慰謝料請求の対象となります。
妻の浮気相手から慰謝料を取りたい
妻に浮気相手がいることが発覚したとします。
性格の不一致による離婚の慰謝料
性格の不一致が原因で夫と妻が話し合い、離婚に至った場合、慰謝料請求をすることは可能なのでしょうか? 基本的には、性格の不一致が原因で離婚をする場合慰謝料請求はできません。
慰謝料と財産分与について
離婚の際に(元)配偶者から配偶者へ支払われる慰謝料と財産分与ですが、果たしてその二つはいっしょか?と思う人も多いです。
慰謝料に時効はあるのか
離婚慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。
慰謝料の変更は可能か
離婚し、今現在慰謝料をもらっている方で「慰謝料の変更は出来るの?」と思っている方も多いことでしょう。
慰謝料の金額の決定について
「慰謝料を○○万円払って欲しい」と言っても、その通りの額をもらえるわけじゃない、とお思いの方も多いことでしょう。
慰謝料の額は決まっているのか
離婚する時に慰謝料を請求された場合、一体どれほどの額になるのか。
慰謝料の額を減らしたい
離婚し、慰謝料を請求された場合少しでもその慰謝料の額を減らしたいと思うのが普通でしょう。
慰謝料はもらえるだけもらうべき
離婚に際して慰謝料を請求する側は、できるだけ多くの額を請求するものです。
慰謝料は分割払いできるのか
離婚の際に生じる慰謝料というのは、高額である場合がほとんどです。
慰謝料をたくさんもらうには
離婚を考えたとき、慰謝料請求をしたときに慰謝料をたくさんもらう方法が気になりますよね。
慰謝料を財産分与に含めるか
慰謝料と財産分与は、本来まったく別のものですが場合によっては財産分与に含むこともあります。
慰謝料請求と自己破産のタイミング
自己破産をすれば、それまでに負っていた債務・借金・慰謝料といったものが免除されることは別の記事で触れました。
熟年離婚の不倫の慰謝料
熟年離婚という言葉をご存知でしょうか。
自己破産をした人から慰謝料を取れるのか?
慰謝料を払っている最中、首が回らなくなり自己破産をしてしまう人は少なくありません。
DV離婚によって支払われる慰謝料
配偶者のDVが原因により結婚生活が破綻して離婚となった場合、相手に慰謝料を請求することができます。
DV離婚後、慰謝料を請求するための証拠
配偶者の暴力が原因での離婚後、慰謝料を請求取ることが出来ます。
DV離婚後に取れる慰謝料の相場
DVが原因で離婚となった場合、離婚後に相手から慰謝料を取ることができます。
不倫の愛人に対する慰謝料請求
離婚の慰謝料は、不倫が原因の場合愛人に対しても請求することが可能です。夫や妻に対する慰謝料以上に話がこじれることも多いですが、示談ですませるようにしたいですね。
不貞行為に関する慰謝料について
性格の不一致について離婚の原因で多い不貞行為。離婚の有無にかかわらず慰謝料を支払うことになります。慰謝料を求める側は、証拠をしっかり押さえることが大切です。
内容証明郵便での離婚慰謝料請求
離婚慰謝料請求について相手に訴える手段の1つが内容証明郵便です。ただし脅迫ととられるような文を作らないよう、十分注意を払う必要があります。
家庭裁判所で行われる離婚慰謝料などの調停
離婚問題については慰謝料・親権などを含めて家庭裁判所で調停という形で解決が図られることもあります。夫婦双方が裁判所へ出向き、話し合いによって協力的に解決策を見出していく方法です。
家庭裁判所で行われる離婚慰謝料の調停
離婚慰謝料について、夫婦間で合意に至らない場合は家庭裁判所で財産分与と合わせて調停が行われることとなります。調停がうまくいかなければ、地方裁判所に持ち込まれることになります。
家庭裁判所の調停で慰謝料・養育費・親権問題などを話し合う
離婚が避けられないケースで、慰謝料や養育費、親権問題などの難しい争点を解決するためには家庭裁判所で「調停」という手続きをとるのも1つの手段です。
審判離婚では慰謝料や養育費についても命令が下されます
離婚について、夫婦間の話し合いや調停でも上手く行かない場合は家庭裁判所の審判が下されます。離婚の成立に関してや、慰謝料や養育費などについても命令が下されます。
弁護士費用を抑えて離婚慰謝料問題を解決する
離婚する際の慰謝料など経済的問題についてお悩みの方で、弁護士費用を払うのが困難な場合役立つのが国によって設立された法テラスという施設です。
愛人への離婚慰謝料の請求方法
離婚の原因となった不倫相手への慰謝料請求方法は、できれば直接相手と話し合うのが一番です。相手が応じない場合、内容証明郵便を送るのもよい方法です。
慰謝料などで合意に至らない場合の離婚調停
離婚の際、金銭面や親権問題などで夫婦の合意が得られない場合、家庭裁判所の離婚調停を利用することが賢明です。法的効力がある調停調書が作成されるメリットもあります。
慰謝料などの交渉がまとまらない場合の離婚調停
離婚したいが配偶者が離婚に応じてくれない場合、条件が折り合わない場合は家庭裁判所で離婚調停という手続きを経て、それでも解決しない場合にのみ裁判となります。
慰謝料などの離婚相談を行うには
慰謝料などの離婚相談を得意としている法律事務所はたくさんあります。弁護士費用などが気になる方は、法テラスに相談してみるのも一つの方法です。
慰謝料には税金はかかりません
離婚の慰謝料については、基本的には税金がかかりません。ただし、財産分与と合わせて自分のものとなった土地や建物については、その後固定資産税がかかります。
慰謝料の解決はできるだけ話し合いで
離婚に伴う慰謝料は、できるだけ夫婦間の話し合いで解決をする必要があります。感情的にならないため、第三者を間に入れて話し合いを行うことも一つの手です。
慰謝料や養育費などについても解決できる離婚調停
離婚調停では、慰謝料や養育費など金銭問題についても解決できます。費用がそれほどかかるものではなく、裁判とは異なり中立の立場の調停委員が夫婦双方の意見を元に具体策を提示してくれる制度です。
慰謝料をもらいながら一刻も早く離婚したい方は
慰謝料は離婚成立前にもらうことが大切です。一刻も早く離婚したいが慰謝料も受け取りたいという場合は、弁護士の方などに相談するのがよいでしょう。
慰謝料請求などで参考になる離婚体験談
離婚をしようと考えていながら、なかなか踏み切れずにいる方はインターネットなどで寄せられている離婚体験談が後押しや参考になることが多いでしょう。
慰謝料請求などで離婚協議がまとまらない場合の裁判所の役割
離婚の形は1パターンだけではありません。夫婦の離婚協議で条件などが折り合わない場合、裁判所の仲立ちで調停離婚・審判離婚というケースもありえます。
探偵事務所を利用し、慰謝料を得るための証拠をつかむ
離婚の際、慰謝料をとるための証拠がない場合は探偵事務所へ相談することも一つの手段です。料金や調査内容の説明がしっかりしている探偵事務所を選んでください。
浮気をされた場合の慰謝料について
結婚した後に浮気をされてしまった場合、配偶者にしっかり慰謝料を請求していくことは精神的にも大切なことです。浮気相手への請求は状況を見極めましょう。
離婚に踏み切る理由
男性女性ともに最も多い離婚理由が、性格の不一致です。それに不倫などの異性関係、ドメスティックバイオレンス、経済的な理由や親戚との関係といった理由が続きます。
離婚の悩みの種、慰謝料やお金の問題
離婚に関する悩みで多い、精神的苦痛に対して払われるのが離婚慰謝料です。離婚についての原因を作った側が相手に対して与えた精神的な傷に対して払うものです。
離婚の慰謝料は損害賠償請求です
慰謝料とは、具体的には不法行為によって身体や精神に傷を受けた場合に被害者が加害者から支払われる金銭のことで、交通事故の賠償金と同じ性格を持つものです。
離婚の際の法的トラブルで多い慰謝料の問題
離婚の際はどうしても法的トラブルが発生しがちです。中でも経済的な面での最たるものが離婚慰謝料に関する問題で、時には家庭裁判所の調停制度を利用したほうがよい場合もあります。
離婚の際は慰謝料などの情報が重要です
離婚について必要な情報は、なかなか自分の身に降りかかるまで持てないかもしれません。どうしても離婚せざるをえない時は、慰謝料などに関する情報をしっかり押さえておきましょう。
離婚は慰謝料など、合意すべき点がたくさんありますね
離婚をする際は、慰謝料などお金に関することや親権などについて話し合いをしなければなりません。冷静に話し合いをすすめるため、弁護士などを交えて協議を進めること、合意書や公正証書を作成しておくことはよいことです。
離婚原因を作った第三者に対する慰謝料請求訴訟
離婚の原因となった第三者に対し、慰謝料請求の訴訟がなされることもあります。不倫相手、すなわち愛人への請求の他、嫌がらせをした親族に慰謝料支払い義務が生じる時もあります。
離婚弁護士の力で相手と別れ、慰謝料も得る
離婚やセクハラ、不倫などの男女問題を中心に扱う「離婚弁護士」のような方はドラマだけでなく実際にもいらっしゃいます。しっかり相手と別れ、慰謝料もとる手助けをしてくれます。
離婚慰謝料と、子供の養育費
子供がいて離婚する場合、慰謝料以外に養育費をもらうことができます。口約束で済ませず、具体的なポイントを書面にして取り交わしておくことが大切です。
離婚慰謝料について協議離婚で話し合いをまとめるには
協議離婚で慰謝料についての話し合いをまとめるためには、慰謝料の相場をしっかり把握しておくこと、感情的になりそうな時は中立な立場の第三者の介入を依頼することです。
離婚慰謝料について行政書士に相談する
離婚慰謝料については役所に公正証書を提出し、条件面について記録をしっかり残しておくことが大切です。書類作成の専門家、行政書士に相談するのもいいでしょう。
離婚慰謝料に伴う公正証書の作成
離婚慰謝料について示談が行われた場合、公正証書を作成しておくことが大切です。その旨公正証書に記載をしておけば、支払いが行われない際、強制執行を訴訟無しで行えることも大きなメリットです。
離婚慰謝料に関する話し合いの進め方
離婚慰謝料に関する話し合いの進め方は、非常に大切なことです。話し合いが難しいケースでは、弁護士など中立な立場の第三者に仲介を依頼するのがよいでしょう。
離婚慰謝料の問題は弁護士に相談を
離婚の慰謝料については、なかなかすんなり決まるとは限りません。慰謝料を請求する立場でも請求されている立場でも、離婚問題に明るい弁護士の方に相談するのがおすすめです。
離婚慰謝料の相場について
離婚慰謝料はある程度の相場も決まってはいますが、婚姻期間の長さや離婚に関する責任度合いなどあらゆる角度から決定されるため、簡単に算出できるものではありません。
離婚慰謝料の算定要素について
離婚時に支払われる慰謝料には、数々の算定要素が入ってきます。離婚に関する責任の割合のほか、婚姻期間や年齢・年収といった要素も影響してきます。
離婚慰謝料の金額の決め方
離婚慰謝料の決め方には、非常に多くの要素が絡んできます。直接的な原因以外にも、夫婦生活全体が関わってくるため、不倫などが原因であっても責任度合いが100:0になるとは限りません。
離婚慰謝料はケースバイケースです
離婚の際に支払われる慰謝料は精神的苦痛に対して支払われるため、ケースバイケースで具体的な決まりはありません。裁判にならないよう、現実的な額で折り合いをつけるようにしたいものです。
離婚慰謝料は口約束ですませずに
離婚の際は、慰謝料などの問題について口約束で済ませないようにしましょう。書面で内容を確認し、公正証書まで作成しておくようにしましょう。
離婚慰謝料は夫婦の責任度合いで異なります
離婚にまつわる慰謝料は、離婚に対する責任度合いによって大きく異なってきます。家庭裁判所の調停や審判をあおぐ場合、聴取時の態度などにも気をつける必要がありますよ。
離婚慰謝料は婚姻期間でも左右されます
離婚に関する慰謝料は、責任度合いや精神的苦痛の大きさだけでなく、婚姻期間にも左右されます。婚姻期間が短ければ、慰謝料の金額はあまり大きくなりません。
離婚慰謝料は有責行為を行った側が支払うものです
離婚慰謝料は相手が受けた精神的苦痛に対する損害賠償であり、離婚に関する有責行為を行った側が相手に対して支払うのが基本となります。
離婚慰謝料は正しい手続きを踏むことが大切です
離婚慰謝料は、ちゃんとした手続きを踏むことが大切です。時には弁護士などを介した冷静な話し合いを行い、合意内容は書面に残すよう心がけましょう。
離婚慰謝料は財産分与の中で
離婚時に夫婦間で取り決めておく問題の1つが、財産についての問題です。財産分与においては、慰謝料の計算もあわせて行ってしまうのが一般的です。
離婚慰謝料を支払うべき原因
慰謝料は離婚する相手が受けた精神的苦痛に対して支払われるもので、原因次第では支払われない場合もあります。原因がはっきりしている場合でも、慰謝料の算定にはさまざまな要素が関係してきます。
離婚慰謝料を支払う側も、主張すべきことはあります
離婚慰謝料を支払側も、自分の今後の生活のために主張していかなければならないこともあります。相手も離婚に関する責任がある場合、婚姻期間が短い場合などは慰謝料は通常より低い金額になります。
離婚慰謝料問題で力となってくれる弁護士
離婚慰謝料の問題で弁護士が役に立つシーンはたくさんあります。相手への慰謝料請求・裁判所での調停などの際に得られるアドバイス、公的書類の作成などです。
離婚慰謝料問題は行政書士などの力を借り公正証書を作成しておきましょう
離婚時の慰謝料などの金銭問題については、必要に応じて弁護士や行政書士の力を借り、役所に提出する「公正証書」までしっかり作成しておくことをおすすめします。
離婚慰謝料請求は携帯メールなどの証拠をおさえて
相手に具体的な責任があって離婚慰謝料を求める場合、携帯電話のメール記録・愛人と一緒に写っている写真など、具体的な証拠を揃えておくことはとても大切です。
離婚慰謝料請求は証拠を揃えて
離婚慰謝料を相手に請求する時には、証拠をしっかり揃えておくことが大切です。また、話し合いの内容を書面にしっかり残しておくように気をつけましょう。
不倫に関する慰謝料について
不倫についての慰謝料で勘違いされている点が2つあります。1つは、慰謝料は配偶者からしかとれないという勘違い。もう1つが、離婚しない限り不倫の慰謝料は発生しないという勘違いです。
調停にまで持っていったら悪意の遺棄と認められるでしょうか
彼に妻子がいるとはまったく聞かされていない状態でつきあい始め、後日彼の妻と名乗る 女性に責められました。彼に悪意の遺棄があるとして調停にかけるようですが、私にも慰 謝料などが発生するのでしょうか?
かっこいい夫が浮気を何度もしていることを知り、離婚することに決めました
凄く容姿が良くてかっこいい夫なのが自慢だったのですが、そう言った点が逆に離婚の原 因となってしまいました。夫に浮気をされたので、別れようと思います。
夫が私が提示した慰謝料では納得がいかないと言うので調停離婚になりました
夫が浮気をしたのを理由に離婚することになったのですが、私が出した慰謝料の額に納得 がいかないようなので、仕方なく調停離婚になってしまいました。
専業主婦の妻と離婚をする場合、慰謝料請求はできないですよね?
妻が不倫をしたのが耐えられないので慰謝料請求をして離婚をしたいのですが、冷静に考えてみると専業主婦の妻から慰謝料を請求するのはやっぱり無理な話ですよね?
破産した夫から慰謝料を貰って離婚するのはやはり無理でしょうか?
夫が破産したのですが、そんなことずっと知らされていなかったのでなんだか裏切られていた気分に陥りました。離婚して慰謝料請求をしたいのですが、無理でしょうか?
離婚した夫からの慰謝料がまだなんですが、時効の3年が過ぎるまでには貰いたいです
夫とようやく離婚できたところまではよかったのですが、肝心の慰謝料をまだ支払われていません。3年で時効になってしまうので、早く貰ってしまいたいです。
離婚するにあたり子供の権や慰謝料などで夫と揉めているので調停離婚になりそうです
夫とどうしても離婚したいのですが、子供達の親権や養育費、それから慰謝料の件で凄く揉めていてどうにもならないので、調停を申立てるつもりでいます。
離婚の際の慰謝料について、弁護士に相談をした方が良いでしょうか?
離婚をする際に慰謝料が発生する場合は、やはり気持ち多めに請求した方が良いですよね?またそういった相談は、弁護士にするのが一般的でしょうか?
離婚後に請求する慰謝料ってきちんと支払われるものなんでしょうか?
慰謝料って離婚後に請求してもきちんと相手から支払われるものなんでしょうか?もし相手に支払いを踏み倒されたらと想像すると、なんだか嫌な気分です。
離婚調停で妻が慰謝料請求してきた額が相場より高すぎて驚いています
妻の性格や家事放棄にうんざりして浮気してしまった私も悪いのですが、離婚調停で妻が提示してきた慰謝料請求額が相場を大きく上回っていて吃驚です。
離婚調停中ですが、DV証拠があるのに慰謝料を殆んど請求できないようです
DVの酷い夫となんとか別れたくて離婚調停に今なっているのですが、DV証拠が沢山あるにも拘らず請求できる慰謝料額が驚くほど少なくてショックを受けています。
夫との離婚後、なかなか慰謝料を払ってくれなくて困っています
8年間一緒にいた夫と離婚することになり、離婚後は夫から慰謝料を貰うことになっているのですが、いくら請求してもなかなか払ってくれなくて困っています。
性格の不一致で夫と離婚する場合、慰謝料を請求するのは無理でしょうか?
夫と性格の不一致で離婚することになったのですが、これまで様々な暴言を吐かれ続けてきたので、精神的苦痛への賠償として慰謝料を請求したいです。
浮気をしている夫と離婚をして、慰謝料を請求するつもりです
夫が浮気しているようで、このまま黙っているわけにはいかないって覚悟を決めました。離婚して慰謝料を請求したいのですが、やはり公正証書は作成するべきですよね?
破産をした夫と離婚をする場合、慰謝料を請求することは可能ですか?
夫が破産をしてしまったので、離婚することになったんです。ただ私も夫に多額のお金を貸したりしていたので、慰謝料を請求することってできるのでしょうか?