母子家庭の方の住宅事情

母子家庭の方の住宅事情

離婚して母子家庭となり、シングルマザーとしてお子さんを育てようという際、悩みどころになるポイントの一つが住宅についてではないかと思います。元夫が住んでいた住宅を離れてくれる場合もありますが、夫の元へ嫁入りしていた場合は、お子さんと一緒に新しい住宅を探す必要がありますね。できるだけお子さんが住み慣れている土地を離れたくないのではないでしょうか。

 

母子家庭向けに、国はいくつかの福祉措置を用意しています。児童手当と一緒に受給できる児童扶養手当などがその中心ですが、住宅に関してもいくつかの制度が用意されています。

 

その最たるものが、公営住宅への優遇措置です。公営住宅は申し込んでも必ず入居できるわけではありません。抽選で当選しなければならないのですが、とても人気が高いためなかなか入ることができないこともあります。母子家庭には多くの自治体が用意している公営住宅で抽選の当選率が上がるなどの優遇措置が取られています。もちろん、優遇されるからといって必ずしも入居できるとは限りません。場所によっては公営住宅の抽選確率が100倍を超えるような場所もたくさんあります。

 

また、自治体によっては母子家庭用の母子アパート、母子寮などを用意していることもあります。母子寮の場合、入居規則がいろいろとあるので注意が必要ですがどちらも所得に応じて安い家賃で入居ができるのは大きなメリットでしょう。ただし、自治体にもよりますが決して新しい設備が整っている建物とは限りません。

関連ページ

離婚して養育費を払わなくてよいケース
離婚して養育費を払わなくてよいケースはあるのでしょうか。
養育費を給与天引きにする方法
毎月の養育費が振り込まれていない・・・ シングルマザーとしての生活で毎月の養育費はとても大きな金額です。
養育費滞納で賠償金を
ある保健会社の調べによりますと、大学を卒業するまでの基本的養育費(教育機関などの学校でかかる費用を除く)は1600万円程だそうです。
シングルファーザーへの支援制度の充実を
シングルファーザーに対する支援は、母子家庭に比べると大きな差があります。経済的な問題、家事をどうするかという問題は父子家庭でも深刻で、支援の充実が望まれます。
シングルマザーが受けられる公的手当て
シングルマザーの方には、いろいろな公的手当てが用意されています。所得に応じて出される児童扶養手当や、医療費の助成制度などが中心です。
シングルマザーの方の就職活動
シングルマザーにとって気になる就職の問題ですが、あきらめずに就職活動をしていただきたいと思います。シングルマザーであることがプラスのアピールになる場合もあります。
シングルマザーの方へ行われる支援制度
離婚などにより、一人で子どもを育てるシングルマザーにはいくつかの支援制度があります。金銭的な支援の児童扶養手当や医療費の助成制度などが用意されていますよ。
シングルマザーの資格取得について
シングルマザーの方にとって、経済的な問題、再就職の問題は深刻です。IT系の資格、介護の資格などを通信教育で取得しようと頑張っている方が多いですね。
公正証書で取り決めた養育費の減額について
公正証書で取り決めた養育費の金額は状況によっては減額することも可能です。相手が減額要求を呑んでくれない場合は、家庭裁判所に調停を求めることができます。
協議離婚における養育費の話し合いについて
夫婦の話し合いで離婚が決定する協議離婚では、養育費などの金銭問題についてしっかり離婚成立前に話し合っておき、法的効力をもつ書面に残すことが大切です。
国際離婚でシングルマザーとなる場合
国際離婚を決意し、シングルマザーとしてお子さんを育てようとする場合は親権問題について注意を払わなければなりません。勝手に子どもを国外へ連れだすことが誘拐罪になる場合もあります。
子どもにかかる教育費が上昇を続けています
近年子ども1人あたりにかかる教育費はどんどん上昇を続けています。私立高校や大学へ進学する場合には、相当な負担がかかることになるでしょう。
子供の養育費の相場について
子供の養育費の相場については、裁判所が平成15年に「簡易迅速な養育費等の算定を目指して」という論文と早見表を出しており、その中である程度の相場が示されています。
弁護士に依頼して養育費の給料天引き手続きを行う
養育費を払ってくれない相手に対し、弁護士などに依頼して給料天引きの差し押さえをすることも可能ですが、まずは内容証明郵便などで催促をするほうがよいでしょう。
未成年が妊娠・出産した場合の養育費について
未成年のカップルが万が一結婚前に妊娠・出産し、結婚することなくシングルマザーとなる場合、養育費を男性側の両親が支払う法的義務まではありません。
母子家庭で利用できる奨学金や教育資金融資
母子家庭のお母さんがお子さんを育てるうえで、年々と負担が増していくのが教育費です。母子家庭の方が利用できる奨学金や、授業料減免などを上手に利用しましょう。
母子家庭で受け取ることのできる手当てについて
日本では母子家庭のシングルマザーでも子どもを育てられるよう、いくつかの福祉的施策が行われています。そのうちの1つが、児童扶養手当てという国の制度です。
母子家庭の方が仕事を探すには
母子家庭のシングルマザーが家庭と両立できるフルタイムの仕事を探すのは困難です。資格を身につけておくのもよいですが、体の健康も損なわないようにしたいですね。
母子家庭世帯が受けられる補助について
母子家庭の方が一人で子どもを育てていくというのはたいへんなことです。国や自治体で医療費・教育費用などの補助は受けられますが、経済的な厳しさは変わらないようですね。
母子家庭向けの助成金など
母子家庭で育っているお子さんも不自由なく学校に通い、成人することができるよう国によってさまざまな福祉が用意されています。医療費の助成金や所得税控除・保険料の減額などがあります。
生活保護を受ける母子家庭世帯
生活保護を受けている世帯のうち母子家庭はある程度高い割合を占めています。生活保護申請の際、まわりに知られることはありませんが扶養確認のため親族や元夫には申請したことがわかってしまいます。
自己破産しても養育費の支払い義務は残ります
失業などでは、裁判所に減額申し立てがあれば養育費の減額が認められる場合があります。自己破産しても、養育費の支払いについては免責されません。
認知した子供の養育費の相場
未婚のまま、あるいは離婚した後に出産した子供について養育費を払ってもらいたいケースでは、まず認知を相手にしてもらわなければいけません。
認知請求権の放棄は認められていません
未婚のシングルマザーの方が相手の男性から養育費を受け取るためには、子どもについて「認知」を行ってもらわなければなりません。認知請求権により、相手に認知してもらうことも可能です。認知請求権の放棄は認められていません。
財産分与における子供名義の通帳の取り扱い
財産分与は、通帳の名義や収入の有無にかかわらず行われます。子供名義の通帳については、目的が子どもの教育費などはっきりしている場合はお子さんの財産となり、財産分与の対象にはなりません。
離婚した未成年夫婦と養育費について
未成年のカップルが物質面・精神面ともに準備ができていないまま子どもを出産してしまうケースもあります。そのような場合でも、認知した子どもについては養育費の支払い義務は存在します。
離婚してシングルマザーとなる場合に大切なこと
離婚してシングルマザーとなる場合に大切なことの1つが、子どもに離婚について納得してもらうよう説明することです。これからも子どもの面倒を変わらず見ていくことをはっきり話しましょう。
離婚してシングルマザーとなる方の育児
離婚してシングルマザーとなる場合でも、子どもをしっかり育てることは可能です。子どもに離婚の経緯や理由をしっかり説明し、理解してもらえるようにしましょう。
離婚などでシングルファーザーとなった方への支援が不足しています
離婚などでシングルファーザーとなった方への支援は、あまり充実しているとはいえません。子どものためにも、国や自治体などによる支援が望まれます。
離婚の際の財産分与における、子供名義の通帳の扱いについて
離婚の際に行われる財産分与で子供名義の預金通帳などがある場合、そのお金が純粋にお子さんの育児に使われていたかどうかで扱い方が異なってきます。
離婚後の母子家庭の生活費について
離婚後の母子家庭の生活費については、国がいくつかの施策を用意しています。しかし、養育費を考えてもやはり生活費は自分で働いて稼ぐ必要があるでしょう。
養育費が減額・増額となる場合
離婚した後、支払う養育費は一定であるとは限りません。支払い義務者が再婚したり、両親の収入状況に変化があれば減額・増額となることもありえます。
養育費などの調停手続きについて
家庭裁判所では、養育費などの離婚問題について実際の裁判以外の解決方法が用意されています。調停という手段で、時間や費用の負担が少なくすみます。
養育費などを決定する離婚手続きについて
家庭裁判所では、調停や審判といった形の離婚手続きを行うことが可能です。養育費や慰謝料、親権といった条件について決定することができますよ。
養育費に影響を与える子ども手当の減額・廃止
民主党のマニフェストに盛り込まれた子ども手当でしたが、すぐに減額、廃止となってしまいました。養育費などで子どもを育てるシングルマザーの方などにとっては厳しい話です。
養育費の不払いについて相談する時は
養育費の不払いは、行政書士の方などに相談することができます。相手と交渉する場面から最終的な法的手続きに至るまで、あらゆる際に力になってくれるでしょう。
養育費の不払いに対処する
相手が養育費の不払いを続ける場合、内容証明郵便や履行勧告をすることになります。給料を差し押さえる強制執行は最終手段と考えておく方がよいでしょう。
養育費の強制執行について
内容証明郵便で催促しても相手が養育費を払ってくれない場合、履行勧告を経て養育費の強制執行を考える必要があるでしょう。公正証書をしっかり作っておくことが大切です。
養育費の強制執行に必要な手続き
養育費を相手が支払ってくれない場合、履行勧告の手続きの後強制執行を地方裁判所に申し立てることになります。書類が多いので、漏れのないようしっかり確認しましょう。
養育費の強制執行に必要な費用
強制執行の申し立てに必要な書類は、債権差押命令申立書などの5種類です。費用は主に切手代で、地方裁判所によって異なりますがそれほど高額にはなりません。
養育費の減額理由について
子どものために支払う養育費は、受け取る側支払う側双方の収入や子どもの数などによって上下します。正当な減額理由があれば養育費が減額となることもありえます。
養育費の減額請求を受けたら
相手に正当な理由があって養育費の減額請求をされた場合は、こちらの状況についても相手や家庭裁判所の調停委員に訴え、双方納得いく金額で再決定するようにしましょう。
養育費の相場は両親の年収が基準になります
離婚の際に決定される養育費の相場は年収が基準になっています。両親の年収を基準にし、養育費の相場を示す算定表というものが裁判所で作られています。
養育費の相場を示す算定表
養育費にはある程度の相場が決まっています。裁判所で年収や子どもの人数や年齢を基準にした標準的な養育費の相場を示す、算定表というものが作られています。
養育費は主に年収で決まってきます
子どもの養育費については、支払い義務者と権利者双方の年収を中心に養育費を決定していくことになるでしょう。年収が少ない場合などでも、支払い義務をなくすことはできません。
養育費減額に関する調停手続き
養育費の支払いについて悩まれる方は結構多くいらっしゃいます。離婚後に収入が減ったりした場合、養育費の減額を求めて家庭裁判所に調停の手続きをとることも可能ですよ。
養育費減額を求める調停・審判について
養育費の金額については、家庭裁判所で調停、審判の手続きをとることが可能です。審判ともなると費用、手間が多くかかるため、できるだけ調停で納得するようにしましょう。
養育費などの強制執行について
夫婦で離婚をしたあとで、子供を引き取った側に養育費を支払わず放置したままでいると、 相手側から強制執行の申請がきてしまう可能性があります。
養育費の相場はいくらくらいが妥当でしょうか
ようやく夫との離婚にまでこぎつけ、肝心な子供の養育費の請求額を決めている最中です が、一般的な相場は大体いくらくらいが妥当なのでしょうか?